TOP PAGEスポーツセンターとは利用方法・料金お弁当レンタル品・審判クラブハウスグラウンド配置図グラウンド案内電車・バスマイカー駐車禁止軟式審判員募集情報公開トピックス一覧

TOP PAGE
スポーツセンターとは
ご利用方法・料金
お弁当
レンタル用品・審判
クラブハウス
グラウンド配置図
グラウンドのご案内
電車・バスでご来場
マイカーでご来場
駐車禁止エリア
軟式審判員募集
情報公開
トピックス一覧


■PDFダウンロード
使用案内
お申し込み方法
売店メニュー
売店メニュー発注書
お弁当一覧
レンタル・審判員

■使用申し込み
&グラウンド状況確認

 クラブハウス
 048-952-3321
〒341-0034
 三郷市新和4-527

TOP PAGE
選手権は山野ガッツ(越谷市)が初制覇
 プレートTも城ノ上ネイビーファイターズ(越谷市)が優勝
  越谷勢が選手権、プレートトーナメントとも優勝-。「第30回サンケイスポーツセンター少年野球選手権大会」と 「プレートトーナメント」の準決勝、決勝が27日に三郷市のサンケイスポーツセンター総合運動場グラウンドで行われました。
 選手権決勝では、山野ガッツ(越谷市)が逆転で草加ボーイズ(草加市)を破り、初めて紫紺の優勝旗を手にしました。 一方、選手権1回戦で涙を飲んだチームが参加するプレートトーナメントでは、城ノ上ネイビーファイターズ(越谷市)が地元・三郷ノースベアーズ(三郷市)を退け初の覇者となりました。
 選手権3位は夏見台アタックス(船橋市)、三郷ブレイブナイン(三郷市)になりました。

 ▷最優秀選手 南木爽選手(6年)=山野ガッツ
 ▷優秀選手  加藤一輝選手(6年)=草加ボーイズ
 ▷敢闘賞   岡本龍心選手(6年)=夏見台アタックス
        森江豊選手(6年)=三郷ブレイブナイン

 プレートトーナメント表彰選手は次の通り
 ▷優秀選手  有坂龍人選手(6年)=城ノ上ネイビーファイターズ
        柳瀬怜利選手(5年)=三郷ノースベアーズ

※詳しい対戦成績はサンケイスポーツセンターブログに掲載しています。

(株)フィールドフォース第30回大会から(株)フィールドフォースが協賛企業として加わりました。

新型コロナ感染拡大防止にご協力下さい。:彩の国「新しい生活様式」安心宣言

シーズン中の感染症拡大防止対策について
除菌ジェル
  • 売店テーブルはソーシャルディスタンスに注意し、
     長時間利用はご遠慮ください。
  • 売店テーブルの移動はご遠慮ください。
  • 除菌ジェルを設置。ご自由にお使いください。
  • 審判の新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について
  • 試合開始、終了時の挨拶は各ベンチ前にて行います。
  • 審判はマスク着用を心がけますが、熱中症防止のため外す事もあります。

  • S3サッカー場に続き、S4サッカー場も貸出し開始
    S3サッカー場  S3サッカー場に続き、S4サッカー場も令和4年4月から、土曜、祝日、平日の一般貸出しを開始しました(日曜日は年間利用契約をいただいており、ご利用いただけません)。詳しくはお電話でお問い合わせ下さい。

    B地区からのお帰り方法について

    スポーツ好き大集合!三郷市に位置する有料公開グラウンドです!
    グラウンド全景  サンケイスポーツセンターは、埼玉県三郷市に展開するグラウンドです。33万㎡の敷地に野球場29面、ラグビー場1面、サッカー場4面などを有する首都圏屈指の規模を持つ一般公開グラウンドです。

    緊急用河川敷道路は駐車できません
    駐車場  グラウンド前の土手下道路は大規模災害発生時の河川管理の緊急復旧工事、救援活動、被災地の復旧活動などのための「緊急用河川敷道路」です。駐車禁止ですので、所定の駐車場をご利用ください。

    クラブハウスをご利用ください
    クラブハウス  休業が続いていたクラブハウスの売店営業を再開いたしました。足洗い場やシャワールームもご利用いただけます。なお、レンタル用の大型テントや、各種スポーツ用具、備品を取り揃えております。野球審判員もご希望により手配致します。

    お弁当の注文承ります
    お弁当  ご予約で各種お弁当や飲料をご用意いたします。クラブハウスでお召し上がりいただけますが、ご希望があれば、ご利用のグラウンドまでご指定の時間に無料で配達いたします。ご注文時にお申し付けください。
    ※お弁当のキャンセルについては「お弁当の注文承ります」をご覧ください。

    軟式野球審判員を募集中
    審判募集  サンケイスポーツセンターでは、軟式野球の審判員を募集しています。経験者はもちろん、未経験の方でも、「軟式野球の審判をやってみたい」という方なら、どなたでも歓迎します。

    Copyright (C) SANKEI SPORTS CENTER